« CRAIG DAVID-slicker than your average- | トップページ | 「夏の名残りの薔薇」恩田 陸 »

「さまよう刃」東野圭吾

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6) さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)

著者:東野 圭吾
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オススメ度★★★★☆

読もう読もうとは思っていたものの、ハードカバーに手が出ずにぐずぐずしてたらいつの間にかに文庫化されててグッドタイミングじゃん!って思いつつ早速読んでみた。

長峰重樹は一人娘を陵辱されたあげく殺されてしまった。謎の密告者の電話により未成年である犯人達を知った長峰は、その犯人の家に侵入する。そこで見た地獄のような惨劇に我を失った長峰は犯人の一人を殺害してしまう。さらにもう一人の犯人を殺そうとする長峰を警察が追う。復讐に自分の人生をささげた長峰ははたして自らの手で犯人に裁きを下すのか。

いやーなんか痛々しいほどストレートに描写される感情には読んでて辛い気分になった。未成年である犯人はたとえ逮捕されたとしても少年法によって大した罪には問われず、そこに被害者やその家族の無念の思いは反映されない。だからって復習がいいわけでもなく、長峰自身も彼を追う警察も何が正しいのかという葛藤にさいなまれる。

長峰を追う警察の人たちの、これでほんとにいいのか?っていう気持ち、彼を追いながらもどこかで復讐が達成されればいいと思ってしまうのはやはり人間なら仕方ないことなんだろう。ただ法律は彼を許してはくれない。何が正しくて、なにが悪なのか、考えさせられる。娘を殺された揚句、復讐によって自分も殺人犯になってしまうなんて悲しすぎる。刃に正義はないのかもしれない。

分厚い感じの本だけど結構サクサク読めるし、それだけ話に入り込んでしまう。やっぱ東野圭吾の本は好きだわって改めて感じた。

にほんブログ村 本ブログへ←よかったら押して下さい^^

|

« CRAIG DAVID-slicker than your average- | トップページ | 「夏の名残りの薔薇」恩田 陸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さまよう刃」東野圭吾:

« CRAIG DAVID-slicker than your average- | トップページ | 「夏の名残りの薔薇」恩田 陸 »