« 「夏の名残りの薔薇」恩田 陸 | トップページ | 「リアルワールド」桐野夏生 »

「ララピポ」奥田英郎

ララピポ (幻冬舎文庫 お 13-2) ララピポ (幻冬舎文庫 お 13-2)

著者:奥田 英朗
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オススメ度★★★★☆

「ララピポ」。。。なんか意味わからないけど癖になる言葉だ。一人で言ってちょっと笑ってしまった(笑)。成宮くんと森山中の村上さんで映画化されるらしい。でもタイトルにまず惹かれちゃうよね。

6人の人間の生活を描いた連作短編集。対人恐怖症のフリーライター、NOといえないカラオケ店員、キャバクラのスカウトマンなど。どうも普通の人とは違うなって人たちのお話です。それぞれの話が少しづつ繋がっていて他の話に出てきた場面がまた違う人間の視点で描かれていたりする。

まずキャラが濃い。6人それぞれ個性的というか濃い。それとも話し全体が結構お下品だからそう見えるのかな。とりあえず濃厚な人間観察が楽しめます。で、そんな愉快な人たちを上から傍観者のように眺めていられる感じが最高(笑)

特にマンションの上の部屋の物音、というか夜の音、が気になって仕方なく、ついには盗聴までしちゃうフリーライターは面白かった。なんかわかるんだよね。いや自分も盗聴したいとかじゃなくて隣の部屋でも音が聞こえるときになっちゃうし。ただ普段の欲望のはけ口を上の部屋の音に求めてしまうところがなんか読んでて切ない感じで。。。

全体的に笑える面白さなんだけど、そんな中にも「あ~あ」みたいな切なさがあった。

「ララピポ」=「a lot of people」。十人十色、人が百人いれば百通りの生き方があるわけで。普段の生活で何げなく接している人が実は想像もしないようなことをしてるかもしれない、なんて考えちゃうよね。

にほんブログ村 本ブログへ←よかったら押して下さい^^

|

« 「夏の名残りの薔薇」恩田 陸 | トップページ | 「リアルワールド」桐野夏生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ララピポ」奥田英郎:

« 「夏の名残りの薔薇」恩田 陸 | トップページ | 「リアルワールド」桐野夏生 »