« 「魔王」伊坂幸太郎 | トップページ | 「メリーゴーランド」荻原 浩 »

「残虐記」桐野夏生

残虐記 (新潮文庫) 残虐記 (新潮文庫)

著者:桐野 夏生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オススメ度★★★★☆

タイトルからしてなんか異様な雰囲気を出してる。「残虐記」って、ずいぶん思い切ったタイトルをつけるもんだ。

自分は過去に少女誘拐監禁事件の被害者だったという手記を残して作家が消えた。その手記には被害者の少女と犯人であるケンジの異様な生活がつづられていた。二人だけの生活には何があったのか。

少女期の誘拐事件という題材がまず際立っていて、読み始めは結構えぐい話なのかなって読んでたけど、思ったほどではなかった。ただ、とにかく異様な緊張感に満ちたものだっていうのが素直な感想。異様で重苦しい空気を吐き出しているようだ。

誘拐犯であるケンジを理解することは難しい。だって誘拐、それも相手が少女となると当然普通じゃない。そして、誘拐された側の少女が理解することは不可能に近いだろう。しかし、少女は時間をかけて男の心情を想像し物語を作り上げていった。想像が感情というものを育てるのだろうか。普段意識した事はないが、想像することで楽しくも悲しくも怖くもなる。少女はケンジに特別な思いを抱く。その感情は、ときにはケンジを唯一の理解者であると思ってしまうほどの、不安定な心は読んでいてスリリングでもあり、異様でもあった。

この手記を残し、作家は姿を消してしまう。いったいどこに行ったのかは最後まで謎である。しかし、彼女の心にケンジという存在が少女期からずっとあった、ということは・・・と、この先はご想像にお任せしますってことかな。

ただ、実際に同じような事件が起こってる中、あえてこのような事件を小説の題材としたことに関しては、批判のようなものもあると思う。

にほんブログ村 本ブログへ←よかったら押して下さい^^

|

« 「魔王」伊坂幸太郎 | トップページ | 「メリーゴーランド」荻原 浩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/324182/26656104

この記事へのトラックバック一覧です: 「残虐記」桐野夏生:

« 「魔王」伊坂幸太郎 | トップページ | 「メリーゴーランド」荻原 浩 »