カテゴリー「 伊坂幸太郎」の記事

「魔王」伊坂幸太郎

魔王 (講談社文庫) 魔王 (講談社文庫)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オススメ度★★★★☆

はい、「魔王」です。大野君が出てたドラマの「魔王」とは違うのであしからず。。。買った理由は単純です。「魔王」って強そうじゃないですか。なので買いました(笑)

会社員の安藤は弟の純也と二人暮らしをしている。ある時、自分の念じた言葉を相手が口に出すという能力があることに気づき、一人の男に近づいていく。

自分の念じた言葉を相手が必ず口に出す。いや、めっちゃほしい超能力だ(?)!そうすれば、あんなこともこんなことも・・・。あ、いたずらには使いません、たぶん(笑)なんで彼にそんな力が備わったのか、ということは書かれてはいない。しかし、その力を何かのために使わなくてはと思った安藤は周囲の人たちの雰囲気に違和感を覚え始める。

その時期に首相となったのは犬養という人間だった。ズバズバと物を言い、大衆の支持を集めていくその男に、安藤は危機感を持つ。

自分たちはいとも簡単に統一されてしまう。ファシズム(本書では「統一していること」との意味と書かれている)。この言葉を聞いてまず思い浮かべるのが第二次世界大戦のナチス政権、ヒトラーであろう。彼は行ったのは、簡単にいえば独裁政治。安藤は犬養首相が行おうとしていることは独裁政治だと思ったのだろう。そして、周りに流されることの恐ろしさを知る。彼はこう思う、「魔王がいる」。

安藤の能力を知り、危険人物かと思ったのか、彼は命を狙われる。それでも彼は、犬養をどうにかしようと立ち上がるのだが・・・。

一つにまとめられることの恐ろしさ、それに気づき必死に止めようとする安藤。やはり、自分たちは、一人一人、自らの考えを持つことの必要性があるのだろう。国民が一つの考えに統一された時、そこに個人という概念はあるのか。ファシズムが国を支配したら、それこそ戦争なんてすぐに起こるんじゃないか。国民よ流されるな!!そんなことを考えさせられるとともに、伊坂幸太郎お得意のエンターテイメント性もあり、読み応えがあってよかった。

続編でもある「モダンタイムズ」は「魔王」の世界から50年後の日本を描いているらしい。早く読みたいものだ。

同時収録の「呼吸」では、その5年後の世界が描かれている。おそらく「モダンタイムズ」に関わってくるのはこちらの話の方が強いだろう。兄同様に不思議な力を手に入れた、弟の純也。その力をどのように使うのか。日本はどこに向かおうとしているのか。

これを書いてたら、無性に「モダンタイムズ」が読みたくなってきた。

にほんブログ村 本ブログへ←よかったら押して下さい^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゴールデンスランバー」伊坂光太郎

ゴールデンスランバー ゴールデンスランバー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オススメ度★★★★★

いやいや久々の更新でして今文章書いてるのがちょっと楽しい(笑)読書は相変わらずしているものの、ブログのほうをお粗末にしていました^^:

さて今回はお気に入り、伊坂光太郎の新作「ゴールデンスランバー」!!

伊坂さんの本はかなり久々の読書で「あ~この感じは伊坂さんだわ~」って思いつつ読んでたよ。

舞台はおなじみ仙台。そこにパレードにやってきた総理大臣が暗殺された。青柳雅春は何もわからないままこの事件の犯人に仕立て上げられてしまった!遠くで響く爆音、自分に拳銃を向けてくる警官たち。そんな中、「逃走犯」青柳政春はどうするのか!?

ケネディやね。でオズワルドやね。でも俺はオズワルドは犯人じゃなかったって思ってるんだけど。だって捕まった後に打ち殺されるなんて都合よすぎるし。

で、青柳さん。珍しい名前だと思ってたら小学校のクラスメートにいたいた青柳君(笑)消しゴム貸してって頼んだのに貸してくれなかったな~っとそんな話はいいとして、この人はホントについてないよね。よりによって何で自分が犯人に??そんなことも考えるひまさえなく逃げ続けます。

ただ信じることをやめない。「人間にとって最大の武器は習慣と信頼」。彼を信頼してくれた人達、そして彼が信頼した人達。そんな人達が信頼によって作り上げた物語だなって思った。

右往左往しながらも物語の終点に向かって行くドキドキ感、急に下降したかと思うとホロっと人の温かさも感じてまた上って行く感じ。物語が終わった後、その終わり方もまた面白かったけど、何より温かい。つい読んでいて笑顔になってしまうあたりはさすがだなぁ~。

正直今までにないエンターテイメントを読んだ気がする。いやー面白い!!!

にほんブログ村 本ブログへ←よかったら押して下さい^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オーデュポンの祈り」伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り オーデュボンの祈り

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おすすめ度★★★★

伊坂幸太郎のデビュー作で一気に彼の虜になってしまった作品。はじめはタイトルからして重々しい雰囲気だなぁって思っていたけどそんなことはありません。かなりファンタジックな設定に最初は驚きました。

物語は、コンビに強盗に失敗し逃走していた伊藤が、気がつくと見知らぬ島にいるところから始まる。江戸以降外界から遮断されている荻島。そこには奇妙な人々が住んでいた。嘘しか言わない画家、殺人を許された男、未来が見えるしゃべるカカシ。翌日カカシが殺される。未来を見通せるはずのカカシはなぜ自分の死を阻止できなかったのか・・・

とにかくユニークなキャラクター達がこの本の独特の雰囲気を作り出している、なんていうか不思議な感じをもった本だなぁって。まあ普通に考えたらありえない人々としゃべるカカシだからね。なんか不思議の国に迷い込んだ気分に。でもそんなありえない島の話が読んでいてすごく面白かった。

カカシが殺され、その謎を追っていくうちに明らかになっていく事実が組み合わさっていき、ひとつの真実にたどり着いていく様は見事。嘘しか言わない画家の秘密を知ったときはちょっと切なくなった。                                                                            

また伊東のことを昔から知っている男、城山。刑事なんだけど、こいつかなり嫌な奴!読んでてこの野郎~って思って読んでたけど、ラストの展開は面白かった。ていうかいい気味だって気分。そして島が欠けていたものを手に入れたとき、この先この島の人々は笑って生きていけるんだろうな~って思った。

ファンタジーなミステリーって感じ。この本を読んでわかったこと。伊坂幸太郎の本はやっぱり面白い!

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎

陽気なギャングが地球を回す 陽気なギャングが地球を回す

著者:伊坂 幸太郎
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おすすめ度★★★★★★

伊坂幸太郎は作家の中でもかなり好きな人でこの本もタイトルからして絶対面白いだろうと思ってた。だってギャングが地球回しちゃうんだもん。笑 そりゃ面白くないわけないわ!ってめっちゃ張り切って読んでた。

ウソが見破れる男成瀬、演説の達人響野、スリの天才久遠、正確な体内時計を持つ女雪子。。。この四人が組んで日夜銀行強盗をしていた。しかし、ある日せっかく強盗をした金を逃走中に輸送車襲撃犯に横取りされてしまう。四人は金を取り戻すべく敵を追うのだが・・・

とにかくこの本は主役四人の個性がとても強く魅力的で彼らのやり取り、会話を読んでいるだけでそうとう面白いし笑えるし!この四人が本の中で飛び回っている。自分はそれを手をたたいて喜んで見てるって感じ。次はこの四人はどういう行動に出るのかなって思うとページをめくるのが楽しくて楽しくて!話もラストのほうでどんでん返しが待っているし、お手軽に読めて楽しめるエンターテイメントだ。四人が集まるきっかけになった出来事とかも書いてあって、はちゃめちゃなんだけど面白くてこの四人がますます好きになった!そう、なんかこの四人ははちゃめちゃに走りまくってる。笑 

ちなみに映画にもなっていて成瀬が大沢たかお、響野が佐藤浩市なんだけどこの人らかなりハマリ役!って映画見てないんだけど・・・でも本を読んでてキャラがぴったりだなって思った。読みながら佐藤浩市が銀行で演説してるところなんか創造してると面白い。

続編も出ていてそちらも面白かった!もっと続編出てほしいな~とついついあの四人に期待してしまう。。。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)