カテゴリー「 歌野晶子」の記事

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶子

葉桜の季節に君を想うということ 葉桜の季節に君を想うということ

著者:歌野 晶午
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おすすめ度★★★★

最近本屋さんでよく目にしていたこの本。結構気にはなっていたんだけどね。ただこの本、本格ミステリ大賞受賞!!とか日本推理作家協会賞受賞!!って本の帯に書いてあってちょっと躊躇してた。。賞を受賞していてもそれが必ずしも面白いとは限らないし、面白くなかった本も結構あったし・・・まあでも読んで見なきゃわかんないから、とりあえず読んでみっか!!って思いつつ買ってみたわけです。

以下あらすじ。「自称何でもやってやろう屋」をやっている元私立探偵・成瀬将虎は、自らも通うフィットネスクラブの友人愛子から悪質な悪徳商法の調査を依頼されていた。そんな時、駅のフォームで自殺を図ろうとしていた麻宮さくらと偶然(?)の出会いをする。愛子の調査の依頼と麻宮さくらとのデートに追われる日々を送る成瀬であったが・・・!

正直読んでいて途中までは物足りなかった。結構あっけなく事件が解決していくな~って。ただ途中あたりから、なんか違和感があるような・・・(小骨が喉につまった感じって言うのかな?)感じがあって読んでいったら、あー!そういういう事だったのかっ!!ってなったよ。予想できていなかった結末だったもんだから、やられちまったぜ・・・ってつぶやいたよね。でもこのトリックは多少強引かなとも思った。まあそれなりに楽しめたし良しとしますか~(←お前何様だよっ!ってね^^:)なんにしても、読みながら覚えた違和感がラストでスッと無くなる感じは気分がいいね。

あと主人公の成瀬将虎の時たまシュールなジョークを飛ばすキャラはなかなか憎めず、最後は粋なセリフまで言ってしまったりでいい味出してました。葉桜・・・桜って紅葉するんだね。初めて知ったよ!知らなかった人はヨーチェケだ!(←要チェックって言いたいんです・・・笑)

てかこれ書いてる今深夜だからテンション上がって文が微妙に・・てかいつも微妙か!ま、いっか!!

にほんブログ村 本ブログへ←よかったら押して下さい^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)