カテゴリー「 池永 陽」の記事

「そして君の声が響く」池永 陽

そして君の声が響く (集英社文庫 (い50-4)) そして君の声が響く (集英社文庫 (い50-4))

著者:池永 陽
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オススメ度★★★★

池永陽の本は読みやすくてすぐに読み終わってしまう。なかなか好きな作家さんだ。

就活を控えた大学生3年生の荻野は面接でのアピールのためにフリースクールでのボランティアを始める。そこで彼は、心を揺さぶる一人の少女に出会う。しかし少女は心に傷を抱えていた。荻野はある日少女が命を断とうとするところを見つける。荻野は少女の傷を癒していこうとする。

いやーなんか爽やかな話だった。愛は障害があっても乗り越えられる。純愛系だね。実際は難しいこともあるだろうけど、そんな純粋な愛を持つことが出来たら、それはとても幸せなことなんだろうね。

荻野のおかげで傷を抱えたままでも生きていけるんだと思えるまで心変わりをした美咲はきっとこれからも強く生きていけるのだろうなと思った。それを成し遂げた愛の力はやっぱり凄いね♪

ただ最後はうまく事が収まりすぎてて、簡単に話がまとまってしまっているように思えた。少し呆気なかったところもあったかな。。。

にほんブログ村 本ブログへ←よかったら押して下さい^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)