カテゴリー「 野沢 尚」の記事

「呼人」野沢尚

呼人 呼人

著者:野沢 尚
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おすすめ度★★★

少年は12歳にして心と体の成長を止めた。純粋な子供のままで生きていくのは果たして幸せなのだろうか?そして少年は出生の秘密を探っていく。そして自分が生まれたことに対する意味を求める。というのがあらすじ。

野沢尚の作品は比較的好きなので今回の呼人も期待していたんだけど、ちょっと期待はずれだったかな~それとも結構ダラダラと読んでしまったからこういう印象を受けてしまったのか・・・

前半の人間ドラマは展開が少し単調ではあった感じはしたけど、小学生時代の話や呼人と友達の手紙のやり取りで構成されている二章とかは面白かった。ただ後半になるにつれ政治や国際的な問題と登場人物との関わり合いが不自然な感じを受けてしまった。呼人の母親が国際テロリストっていう設定も無理があったような・・・あと12歳で成長が止まってしまった呼人の苦悩ももう少し書いてほしかったなって思う。

今回の本は結構言いたい事がたくさんあって書いてたらなんか批判みたいな文章になっちゃったけれど、けして駄作というわけではないし、呼人が12歳のままで懸命に歩いていく姿には心が温かくなった。ラストも心地よい感動があり、よかったと思う。生きていくということを考えさせる本だった。

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)